スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ぽこたん 旅立つ

おねぇが 小4の正月 我が家の家族の一員になった うさぎの ぽこたん。


丸っと3年と7ヶ月が経ちました。


最初は 小さくて 可愛くて 白かった ぽこたん。


最近 動きも悪くなり 手足が麻痺して おかしかったので


パパに黒くなってないか?見てもらったら


おねぇ・・・あと 少ししか時間がないから ちゃんと見てあげて・・・と


言いました。


パパは 死期の近い人が 黒く見えてしまうと言う 悲しい力?があるので


知人の旦那さんの死期も見えてしまってて 亡くなったあと 


うつになってしまったり・・・といろいろありました。


だから 今回 おねぇに ぽこたんが もう 先ないから 大事にしてやれ・・・って


伝えれて 3日目で 旅だってしまったけど 伝えれて良かった・・・と


今も電話で 話しました。


この写真は まだ 麻痺してないとき 2010/6/29の写真です。
うさぎ

夢叶にうさぎ 見せてあげよ~なんて 


もうすぐ 死んじゃう ぽこたんとは知らず


ご対面させてた ママとおねぇです。


夢ちゃんは ぽこたんと 遊ぶまではなかったけど


ゴトン ゴトンっていう ぽこの音に ビックリしてたよね~






生き物にも 命があり 旅立つと悲しいと言う経験を


おねぇは 今回初めて経験しました。


学校から帰り いつもの様に 巣の掃除をすると言うので


巣の掃除終わったら スポイトで水あげよ~か?なんて 話してて


すぐ なみだ目で ぽこちゃん 死んでる・・・・。


そっか 昼 ママたちが 帰って見たときは 息してたから 


おねぇ帰ったら お水あげようか?って ばぁちゃんと話してたんだけどね~って


言ったら 大泣きでした。






命あるから 終わりもあるんだよ



でも また 生まれ変わる命だから



少しだけ さようなら・・・・。



家族に思い出ありがとう


おねぇに 沢山教えてくれて ありがとう


もう しんどくないよね。


天国で 走り回ってね。


我が家の 心君も ぐわしも ぷ~ちゃんも 天国にいるはずだから


仲良くしててね。


ママたちも 自分の寿命 生き抜いたら 天国にいくハズ?だから^^;



みんな 生まれた瞬間から 個々それぞれに ロウソクがあって


長さが決まっているんだって 聞いた事があります。


どんな長さなのか?解らないけど その長さの中で 


何かを 誰かの心に残して みんないくんだと思う。






ぽこたん ミニうさぎなのに 大きくなって


犬みたいだったよね~


ほんと 沢山ありがとー




夢ちゃんの満面の笑みで 送ります。


P6290024.jpg


うさたん ありがとね~
[2010/07/12 17:00 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
<<朝がきたー | ホーム | 成長過程の遅れ>>
コメント
昨夜は おねぇも 私も 寝付けず 寝不足です^^;
なんでだろうね なんだか 分からないけど
寝苦しかった夜でした。
箱の中で横たわっている ぽこなのに
パパには 元気に座ってるポーズに見えてて
箱の中に まだ居るから ちゃんと空に上がっていけよ~って
話かけてました。

ほんと ありがとーですね。
[2010/07/13 07:10] | URL | 夢叶ママ #- [ 編集 ]

きっとぽこたんも、心やさしい素敵なパパママと子供たちに囲まれてしあわせだったことと思います。。
夢ちゃん、ホントに最高の笑顔ですね!!

ぽこたんとみんながまた会えますように。。
[2010/07/13 01:18] | URL | My茉莉花 #- [ 編集 ]
ほんとにありがとうですね。v-22

夢ちゃん 素っ敵な笑顔~e-266
良い夢見れそうです。
ありがとう。
[2010/07/12 21:11] | URL | sayu ♪ #- [ 編集 ]
ぽこたん・・・天国できっとみんなを見守ってくれてるよ。
夢ちゃんの成長もね・・・・(^-^)

[2010/07/12 17:58] | URL | KANAっち #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://yumeme14.blog88.fc2.com/tb.php/312-f23ec3e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。