スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
命がけの手術
今朝 9時半から 夢叶は
手術室に行きました。
昨夜 心臓外科の先生から 夢叶の病状や 危険性などの説明を受け
夫婦で泣きました。
手術をして 心臓を止めて再び心臓を動かす力が
夢叶になければ 死んで
出てきます。
手術の危険性から
手術をしないと 春が来ないか 五年後に生存確率
五割 十年後は生存確率は 無いと言われ
いずれにせよ 手術をして 夢叶の自力の生命力を
信じるしかない現実に
昨夜は 涙涙でした。
今朝も 5時から夢叶が
起きていたので たっぷり抱っこして 9時半まで
抱きっぱなしでした。

手術室に行く前 睡眠薬を医者が打ちに来たとき
私のほうが めまいがしてフラフラでした。

いま この時間も
夢叶の胸は 切られ
胸の骨も切られ
心臓は縫われ…と
痛々しい状態でいると
思うと 辛いです。

え!ゆめめ 横で寝だした!ゆめめも 昨夜 病院から
帰る時 家でも 泣いていたようで 寝てないんだね。
私も 眠いです。
でも 寝れない(>_<)
あと四時間かかる予定です。
お願いです 無事
夢叶の心臓が自力で
動いて 力強く 生きる力を再び持って帰ってきてほしいです。

[2009/11/10 13:01 ] | 闘病日記 | コメント(0)
<<長い 長い 一日が終わりました | ホーム | 手術の日まで>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。